青の花茶 成分

青の花茶のこともっとよく知りたい!【含まれる成分って何?】

青の花茶 成分

ダイエット効果はもちろん、それ以外にも眼精疲労の回復効果や美髪・抜け毛の予防効果など

 

様々な効果がある青の花茶。そんな青の花茶は口コミでも人気で、大人気の商品です。

 

そんな青の花茶の気になる成分には何が含まれているのでしょうか。

 

青の花茶に含まれている気になる成分や、ダイエットに大敵や要因などをご紹介します。

 

青の花茶に含まれる成分とは?

 

まず青の花茶にはどのような効果があるのかご説明しましょう。

 

青の花茶はティーパックにお湯を注いで飲むだけという簡単な食品です。

 

また、お湯を注ぐと鮮やかなブルーになり、それ故に青の花茶という名称がつけられました。

 

青の花茶は、ノンカロリーでノンカフェインそしてノンシュガーの3つの0成分により、

 

ダイエットを行っている方にオススメのハーブティーです。

 

また青の花茶を飲むだけでいいため、ジムやストレッチ・マッサージなどの辛い運動はせず、

 

食事の制限を行うこともないため、今まで通りに3食お召し上がりいただいてけっこうです。

 

そして、青の花茶の公式通販サイトの定期コースであるトクトクコースで青の花茶をご購入しただいた方は、

 

通常価格が5000円のところ、初回限定76%オフの980円で青の花茶を購入することができ、コストパフォーマンスも非常に高い商品といえます

 

また、鮮やかなブルーの色は合成着色料ではなく、青の花茶に含まれる美容業界でも話題のバタフライピー1の

 

天然の色であり、ほのかな甘みを感じるところもスッキリと飲むことのできる特徴です。

 

青の花茶に含まれる成分 甜茶

 

甜茶には抗アレルギー効果が期待できると言われています。

 

昔から甜茶には体質を改善する目的で漢方などにも用いられてきた上、抗炎症作用も備わっています。

 

青の花茶がほのかに甘く飲みやすいのは甜茶に甘みがあるためです。

 

青の花茶に含まれる成分 バタフライピー

 

美容業界でも注目されているバタフライピーは天然ハーブで蝶豆(ちょうまめ)と言います。

 

バタフライピーはアンチエイジング成分としても有名な抗酸化物質ポリフェノールの一種でもある

 

「アントシアニン」を豊富に含み、高い抗酸化作用があります。

 

それだけではなく、リラックス効果や眼精疲労回復効果もあります。

 

バタフライピーはタイでは親しまれているハーブで、お茶や料理にも使用されます。

 

また、バタフライピーは美髪効果や抜け毛の予防効果も期待でき、

 

タイではシャンプーやコンディショナー・毛染め剤などにも使用されています。

 

青の花茶に含まれる成分 アマチャヅル

 

アマチャヅルはストレス対策に効果のある植物であり、カテキンと同じようにサポニンという健康効果を豊富に含み

 

その量はかの有名な高麗人参よりも多い70種類ともいわれています。

 

アマチャヅルの効果で身体のサポートを行う成分です。

 

青の花茶に含まれる成分 メグスリノキ

 

メグスリノキは目薬の木と書き、世界中でも日本にだけ唯一自生する植物です。

 

その名の通り、目と肝臓に効果があります。それだけではなく動脈硬化などの

 

血液にも効果的で成人病の予防にも効果があると言われています。

 

樹皮や幹・葉などにも健康成分が含まれている万能な植物です。

 

青の花茶に含まれる成分 ラフマ

 

中国産の植物であるラフマは、古代昔から葉の部分がお茶として親しまれてきました。

 

コレステロール値や血圧を下げる効果があり、抗菌作用も持ち合わせています。

 

気分の優れないモヤモヤした気持ちを緩和してくれる効果があります。

 

青の花茶に含まれる成分のまとめ

 

青の花茶には以上のような様々な成分が含まれています。

 

このような成分が個々で成果や効果を発揮することによりダイエットだけではなく

 

眼精疲労の回復・血液の活性化による毛髪への美髪効果・抜け毛白髪予防効果もあります。

 

そんな身体のさまざまなサポートに効果のある青の花茶をお試しされたい方は青の花茶の公式通販サイトをご覧ください。

 

>>青の花茶の詳細はこちら


関連ページ

副作用の危険性は無いの!?【成分を徹底解析!】
青の花茶は妊娠中に飲むことはできるのでしょうか。副作用はないのでしょうか。青の花茶は妊娠中でも飲むことは可能なのか。副作用はないのか調べてみましょう。